2018
02.25

約2か月かかったトイレリメイクが完成。

今日は、ささやかにオープンハウスならぬ
オープンルームです!

まずはbefoe。
20171218_1.jpg
今見るとものすごく殺風景なトイレ。

それが、こうなりました。
20180223_15.jpg
温かみのある、ナチュラル系トイレに!

なんとなくついていたニッチは。
20171218_2.jpg

タイル風壁紙でお部屋のポイントに。
20180223_16.jpg

ツルツルで寒々しい窓廻りは。
20171218_4.jpg

タイルとしっくい、木枠でシャビーに。
20180223_17.jpg

どうでしょう。
私はいつもの自己満足でいっぱいです (*^o^*)

しっくいを塗ったのがやはり大きかったかな。
壁は大きな面積を占めるので、
雰囲気がガラッと変わるのよね。


洗面所に続き、気になっていたトイレも完成。
お気に入りの場所になりました。

さて次はどこに手をつけようか。

やりたい場所はいっぱいあるんだけど、
全然追いつかないよー (≧∇≦)



それにもうすぐ3月。


庭が

私を呼んでいる・・・



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。




comment 1 trackback 0
2018
02.23

長かったトイレリメイクもいよいよ最後の仕上げ。

今日はカットしたフロアタイルを貼っていく。
貼るのはボンドで。

両面テープをイマイチ信用していない私。
トイレなどの水廻りは水が入り込むことも想定し、
接着剤でしっかりくっつけたほうが良いと思う。

綺麗に掃除した床面にボンドを出して。
20180223_1.jpg

櫛目のへらで全体に広げる。
20180223_3.jpg

貼るまでにオープンタイムを取る。
冬なので、20分くらいこのまま放置。

時間が経ったらあとはフロアタイルを順番に乗せて固定。
450角なので、奥から順番に貼っていけて、やりやすかった。

全体に敷いたところ。
20180223_12.jpg
落ち着いた色合い。

これで乾燥させてから、目地埋め剤を入れる。
20180223_6.jpg
トイレのような狭い場所では、
クッションフロアだと継目がないのでいいのだけど、
フロアタイルの場合、継ぎ目が出る。

そこにこの目地剤を入れて、すき間をふさぐ。

何と言っても掃除が気になっちゃうので、
こういうとこはきっちり押さえたい。
主婦なのでね。

でも、この目地剤、使うの初めてで。
20180223_5.jpg
先端に、ノズルをつけて、溝に目地剤を注入するのだけど。

うまく出来ないー!!
20180223_4.jpg
目地から1mmくらい盛り上がるように施工すると書いてある。
でも、そんな綺麗に目地入れできないのよね。

たくさんはみ出してしまった。

さらに、悪いことに。
これ、ツヤありだったので、目地が目立つ!

よくよく調べると、つや消しタイプもあるみたいなのよね。

失敗だよ・・・・

でも、しょうがない。
目地部分が乾いた後、
ペーパーで表面をこすっておいた。
多少ツヤが消えて、目立たなくはなったかな。


そして、さらに、便器と床材の間を埋める。
20180223_7.jpg
コーキングで。

コーキングがつかないように、周りにマステを貼るのだけど
曲面で面倒なので。
20180223_9.jpg
そのままウニョっと出して。

ゴム手袋をした手でならす。
20180223_10.jpg

はみ出た部分は乾く前にウェットティッシュで抜き取ればOK。
20180223_11.jpg

そうすると、最小限のコーキングが完成。
20180223_8.jpg

これで、ようやくすべての作業が終了。

細かな気になるところはまだあるのだけど、
一旦完成とします!



床に思いのほか手間取ったので、
完成した姿は次回に。

お楽しみに (^ー^)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 4 trackback 0
back-to-top