2018
05.15

そういえば、日曜は母の日でしたね。

我が家の子供たちは毎年、お手紙や絵をくれるのだけど、
小4になった息子は今年、「花を買ってあげる」と言い出した。

それならと日曜に花屋さんへ。
のんびりと花屋さんをうろつくだけで、母はリフレッシュできたので、
それで十分。
で、買ったものはこちら。
20180515_2.jpg
トマトとか、バジルとか。
まだ春の花が咲いてるし、置き場もないので最小限に。

息子から買ってもらった体で選んだのはこれ。
(結局、お金はもらっていない)
20180515_1.jpg
渋色のセンペルちゃん二つ。

センペルビウムは他の多肉と合わせにくいのであまり買わないのだけど
色合いが素敵だし、地植えしてもいいかなと思い購入。

買ってきた苗は、植え付けたらまた後日記事にする予定。



お庭の写真が溜まってしまうので、今日は庭のお話。

毎年こぼれ種で出てくるのに、今年はなかったカモミール
しょうがないので苗を買って植えた。

気を抜くとあっという間にアブラムシにやられるので、
早めに収穫。

1株じゃそんなに採れないけど。
20180510_20.jpg
こんだけ。
だしパックに入れて、2,3日干しておけば完成。

これっぽっちしかできなかった・・・
20180515_3.jpg
これじゃ、1回ティーにしたら終わりだね。
自家製カモミール
もう1回くらい収穫できそうだけど、虫にやられそうだ。

ラグラスも大きめを収穫。
20180515_6.jpg

束ねて吊るしておけばかわいいドライになる。
20180515_5.jpg
右が今年。左が去年の。
この位置だとピッピにイタズラされるので、
置き場所はまた考えないと。

イチゴは毎日このくらいずつ採れてきた。
20180510_15.jpg
時々大きいのもあるんだけど、だいたいこんな感じ。
これが宝幸早生。

こっちはann苗。
20180511_8.jpg
こちらのほうはこれからみたい。
かわいく実が出来てきてますよ!

ゲラニウムビルウォーリスがそろそろ終わり。
20180510_18.jpg

種がしらないうちに飛んでしまうので、
20180510_17.jpg
枝ごとカットして、ネットをかぶせて置いてみた。

何日かで種がこぼれたので、収穫。
20180510_19.jpg
これで好きなところに植えられるかな。






5月は何かと忙しい。

種を採ったり、花を愛でているだけじゃなく、

そろそろ梅雨の準備をしなくちゃね。


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。





comment 4 trackback 0
2017
11.16

先日のストロベリーポットに続き、
ハンギングにもイチゴを植え付け。

今年は新たに宝交早生を購入。
仕切り直して、来年に備えるのだ。

annさんに教わったように、一度新しい土で仮植えしていたもの。

ヤシマットはボロボロだったので、新調。
100均の45㎝タイプ。
21071116_2.jpg

2株ずつ植えて完了。
21071116_3.jpg

あとは日当たりのいい場所においておけばいいんだよね。
21071116_4.jpg

これでばっちり!

ハンギングの下にはイチゴのコンパニオンプランツでもある
ボリジのコンテナを置いてあるし。


期待が高まるわー。


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 2 trackback 0
2017
11.08

イチゴ苗をいただいた。
ann先生から。

ブログで仲良くさせていただいている。

素敵なナチュラルガーデンを実践されていて
憧れのお庭なのですよ。
annさんブログ→絵とガーデン・アンの庭

その上畑も。
なかでもイチゴはすごいのだ。
なかなかうまくいかないkeko庭のイチゴだけど
annさんにいろいろ教わって頑張ってる。
私にとって、イチゴの師匠なのだ。

そんなannさんからたくさん苗をもらった。
20171108_5.jpg
ありがとうございます!!

実を取ってから子苗作って、こんなに大きくなりますか!
20171108_4.jpg
私の子苗と全然違うよー。
最初から全然違うんだなーと納得。


実はannさんから聞いて、今年は苗を変えるつもりで
宝交早生を6株だけ買った。
ハンギング用に。

今まで欲張って、とちおとめとか育てていたけど
これって、ハウス用なんだって。
私みたいな初心者が手を出すもんじゃなーい!
ってことで、初心者向けでannさんおすすめの
宝交早生にした。

うちの気候だと早生のほうが合うのかなっていうのもあるし。

で、ストロベリーポットは。
20171108_7.jpg
結構茂ってるでしょ。
去年からそのまま植えてある。
1個も実がならなかったの、これ。
今頃苗が育ってきて、このまま来年まで置いておこうと
思って放ってた。

そこに救いの神あらわる。

さっそく植え替えました。
20171108_3.jpg
植えたばっかりで葉がバラバラしてるけど。

たくさんいただいたので
20171108_2.jpg
他の鉢とか。

お庭の隅に。
20171108_1.jpg

これでも少し余ってしまって・・・
残ったら捨てていいと言われていたけど。

捨てるには忍びないと思っていたら
花好きの近所のおばさんが通りかかったので。

残りの苗、あげました。

よかった、よかった。


これから寒くなるまでに、
もう少し大きくなってくれたら
来年こそは楽しいイチゴ狩りができるぞー。

わくわくがあふれ出るkeko庭なのでした(*^o^*)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2017
10.07

イチゴには思い入れを持って、毎年挑んでいるものの、
さほどの成果のないまま今年に至ってる。

いろいろ原因はあると思う。

そんな中、私のイチゴの師匠、ann先生からのアドバイスで、
今年は品種をみなおしてみることにした。

今まで、女峰とかとちおとめとか
メジャーな品種を選んでいたけれど
これって、ハウス用の品種で、路地ではうまくいかないみたい。

そこで、昔から家庭園芸用といえばって感じの
宝交早生を改めて購入。
育てやすい品種だし、早生のほうが、うちの気候にはあってるかな。

で、買ってきた苗。
20171007_1.jpg

ann先生から、またまたアドバイスをいただいたので(^ー^)

さっそく仮植え。
(詳しいアドバイスは前記事のコメント欄を見てくださいね。)

ポットから出してみると。
20171007_2.jpg
結構根が回ってた。

土をほぐして、根を出してあげる。
20171007_3.jpg
同じポットで作られてるけど、
根のほぐれ方はそれぞれ違う。

根を痛めない程度に土を取ってから
新しい土で植え替え。
肥料分の無い土で。
20171007_4.jpg
根が空気に触れて、どんどん伸びるんだって。
確かにグルグル巻いてた根が自由になった感じがする。

あとはこれで2,3週間置いて
10月末に定植すればOK!

来年こそはたくさん採れるかなー。
楽しみ(*^o^*)



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 4 trackback 0
2012
10.18

バラ科 多年草

【置き場所】日当たり、水はけのよい場所。

【水やり】 乾いてきたらたっぷりと。
       実がなってきたら水やりは控えめに。(甘くなくなる)


【肥料】  植付け3週間後にN多めの肥料と2月下旬にPKのみの肥料を少量。
       開花したら水代わりにうすーい液肥をあげる。


【日々のお手入れ】 
      冬:枯れた葉や出てきたランナーは取り除く。
        寒さに当てたほうがよいので、ビニールのマルチングは2月に入ってから。
        早く咲きすぎた花は取り除く。
      春:マルチングを取り除く。花が咲いて1ヶ月ほどで収穫可能。
        1株から7~15粒くらいとれる。
        蜂寄せに近くに花鉢をおくといいみたい。
      初夏:伸びてきたランナーから子株をポットにとって育苗する。
      2番目以降の子株がよい。これを次の年の苗とする。

【子株】 仮ポットのうちに株を充実させることが重要。
      クラウンが大きい株のほうが実が多くつくらしい。

【植付け】 
      10月頃。ややアルカリ性を好むので堆肥や石灰をあらかじめ混ぜておく。
      植付ける際はクラウン(短い茎の部分)を埋めてしまわないように注意。
      根を軽くほぐして植付け。ランナーの反対側に実をつけるので、ランナーが
      奥になるように植える。
      
comment 0 trackback 0
back-to-top