2012
10.18

バラ科 多年草

【置き場所】日当たり、水はけのよい場所。

【水やり】 乾いてきたらたっぷりと。
       実がなってきたら水やりは控えめに。(甘くなくなる)


【肥料】  植付け3週間後にN多めの肥料と2月下旬にPKのみの肥料を少量。
       開花したら水代わりにうすーい液肥をあげる。


【日々のお手入れ】 
      冬:枯れた葉や出てきたランナーは取り除く。
        寒さに当てたほうがよいので、ビニールのマルチングは2月に入ってから。
        早く咲きすぎた花は取り除く。
      春:マルチングを取り除く。花が咲いて1ヶ月ほどで収穫可能。
        1株から7~15粒くらいとれる。
        蜂寄せに近くに花鉢をおくといいみたい。
      初夏:伸びてきたランナーから子株をポットにとって育苗する。
      2番目以降の子株がよい。これを次の年の苗とする。

【子株】 仮ポットのうちに株を充実させることが重要。
      クラウンが大きい株のほうが実が多くつくらしい。

【植付け】 
      10月頃。ややアルカリ性を好むので堆肥や石灰をあらかじめ混ぜておく。
      植付ける際はクラウン(短い茎の部分)を埋めてしまわないように注意。
      根を軽くほぐして植付け。ランナーの反対側に実をつけるので、ランナーが
      奥になるように植える。
      
comment 0 trackback 0
back-to-top