2018
02.25

約2か月かかったトイレリメイクが完成。

今日は、ささやかにオープンハウスならぬ
オープンルームです!

まずはbefoe。
20171218_1.jpg
今見るとものすごく殺風景なトイレ。

それが、こうなりました。
20180223_15.jpg
温かみのある、ナチュラル系トイレに!

なんとなくついていたニッチは。
20171218_2.jpg

タイル風壁紙でお部屋のポイントに。
20180223_16.jpg

ツルツルで寒々しい窓廻りは。
20171218_4.jpg

タイルとしっくい、木枠でシャビーに。
20180223_17.jpg

どうでしょう。
私はいつもの自己満足でいっぱいです (*^o^*)

しっくいを塗ったのがやはり大きかったかな。
壁は大きな面積を占めるので、
雰囲気がガラッと変わるのよね。


洗面所に続き、気になっていたトイレも完成。
お気に入りの場所になりました。

さて次はどこに手をつけようか。

やりたい場所はいっぱいあるんだけど、
全然追いつかないよー (≧∇≦)



それにもうすぐ3月。


庭が

私を呼んでいる・・・



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。




comment 1 trackback 0
2018
02.23

長かったトイレリメイクもいよいよ最後の仕上げ。

今日はカットしたフロアタイルを貼っていく。
貼るのはボンドで。

両面テープをイマイチ信用していない私。
トイレなどの水廻りは水が入り込むことも想定し、
接着剤でしっかりくっつけたほうが良いと思う。

綺麗に掃除した床面にボンドを出して。
20180223_1.jpg

櫛目のへらで全体に広げる。
20180223_3.jpg

貼るまでにオープンタイムを取る。
冬なので、20分くらいこのまま放置。

時間が経ったらあとはフロアタイルを順番に乗せて固定。
450角なので、奥から順番に貼っていけて、やりやすかった。

全体に敷いたところ。
20180223_12.jpg
落ち着いた色合い。

これで乾燥させてから、目地埋め剤を入れる。
20180223_6.jpg
トイレのような狭い場所では、
クッションフロアだと継目がないのでいいのだけど、
フロアタイルの場合、継ぎ目が出る。

そこにこの目地剤を入れて、すき間をふさぐ。

何と言っても掃除が気になっちゃうので、
こういうとこはきっちり押さえたい。
主婦なのでね。

でも、この目地剤、使うの初めてで。
20180223_5.jpg
先端に、ノズルをつけて、溝に目地剤を注入するのだけど。

うまく出来ないー!!
20180223_4.jpg
目地から1mmくらい盛り上がるように施工すると書いてある。
でも、そんな綺麗に目地入れできないのよね。

たくさんはみ出してしまった。

さらに、悪いことに。
これ、ツヤありだったので、目地が目立つ!

よくよく調べると、つや消しタイプもあるみたいなのよね。

失敗だよ・・・・

でも、しょうがない。
目地部分が乾いた後、
ペーパーで表面をこすっておいた。
多少ツヤが消えて、目立たなくはなったかな。


そして、さらに、便器と床材の間を埋める。
20180223_7.jpg
コーキングで。

コーキングがつかないように、周りにマステを貼るのだけど
曲面で面倒なので。
20180223_9.jpg
そのままウニョっと出して。

ゴム手袋をした手でならす。
20180223_10.jpg

はみ出た部分は乾く前にウェットティッシュで抜き取ればOK。
20180223_11.jpg

そうすると、最小限のコーキングが完成。
20180223_8.jpg

これで、ようやくすべての作業が終了。

細かな気になるところはまだあるのだけど、
一旦完成とします!



床に思いのほか手間取ったので、
完成した姿は次回に。

お楽しみに (^ー^)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 4 trackback 0
2018
02.21

昨日は暖かかったのに、今日はまた底冷え。

でも、少しずつ春が近づいてきているのを感じる。

それと同時に、眠っていたガーデナー心が
もぞもぞと動きだし、
花屋さんに行きたい気持ちが高まってくる。

お庭が始まるとDIYがおろそかになりそうなので、
早くトイレのリメイクを終わせたい。

ということで、最後の工程。
床張りを頑張ろう!



いつものようにたくさんサンプルを取ってみた。

画面で見るのと、実物ではだいぶイメージが違うものも。

第1希望はヘキサゴンのテラコッタだったのだけど
色の渋いものは廃盤みたいで見つからず。

他にもタイル柄取り寄せたけど、色がイマイチだったり。

で、最終的に選んだのはこれ。
20180219_3.jpg
サンゲツ フロアタイル モルタルブロック IS-736
フロアタイルというやつで、450角。

クッションフロアより固めだけど、厚みは同じくらい。

スレート(石の種類です)みたいな感じに見えるし、
シックでモノトーンな色味が気に入って決定。

貼り方はクッションフロアとほぼ同じだけど
タイル感覚で1枚ずつ貼るので、貼るときは楽。

まずはトイレの型紙取り。
20180219_4.jpg
チラシをすき間なく敷いて、テープで固定。
便器周りは小さく短冊に切ったチラシを置いていくといいらしい。

フロアタイルは裏面を上にして敷いておく。
ずれないように、テープで仮留め。
20180219_2.jpg

その上に、裏返した型紙を乗せて固定。
20180219_7.jpg

ペンで型紙通りになぞる。
20180219_6.jpg
タイルなので、あとで分からなくならないように、
番号を書いておくと便利。

型紙を外したら、線の通りにカット。

クッションフロアより固いので、普通にカッターで切ると大変!
調べたところ、まずカッターで切込みを入れた後、
切込みに沿って折り目をつける。
20180219_5.jpg
すると簡単にパキッと割れる。

うまく割れなかったら、表面もカッターを入れれば、簡単。
20180219_8.jpg

カーブしているところはちょっと面倒だった。
20180219_12.jpg
でも、なんとか切り終わり。

仮置きしてみると、やっぱり少し大きかった。
20180219_11.jpg

こういう時、プロはカンナで削るらしいのだけど
カンナ、持ってないし。
20180219_10.jpg
しょうがないから鑿で削ってみた。
これが案外、大変で。

削りすぎたらいけないし、
何度も置いてみては削る、調整作業。
端っこはカッターで簡単に切れるけどね。

何度目かの調整でようやくピタッとはまるようになった。



あとは貼っていく作業を残すのみ。



そのお話はまた次回に(^ー^)




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2018
02.17

前回の続き。

作った窓にポリカを取り付ける。

サイズにカットして。

小口部分をマスキングテープでカバー。
20180215_3.jpg

このまま窓に貼りつけてもいいのだけど
取り外しできるようにしたかった。

家の中から小さい木材を探し出し。
20180215_5.jpg

それを窓の裏側に取り付けると、レール代わりに。
20180215_9.jpg
こうしておけば、ポリカの取り外しも簡単。

トイレの窓は冬は閉めてるけど、
それ以外はほぼ開いたまま・・・

風を通したいときはポリカを外して使う想定。

あとは枠を固定すれば、完成。
20180215_10.jpg

いい感じじゃないかしら?
20180215_12.jpg
閉めたままでもハンドルを回せるように
窓をこの高さにしたのだけど、
よく考えたら、開けてハンドル回せばいいのよね。


ちょっと失敗(≧∇≦)


でも、まあ、手前に色々置いちゃえば。
20180215_11.jpg
ハンドルも隠せるし、いいことにしよう。

味気ないアルミサッシがうまく隠せたかな。


いよいよ残るは床のみ。

床はサンプルを取り寄せた悩んだ末、
塩ビタイルにしてみた。

クッションフロアとはちょっと違うので
苦戦中。

なんとかうまく貼り終えたらブログでご紹介するつもり。


お楽しみに(*^o^*)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2018
02.15

はー、なんか忙しかった(≧∇≦)

仕事もまあまあ忙しいけど、
実は仕事以外のことが気になって、
勝手にジタバタしてただけなんですが。

でも、なんとか山は越えたし、
少しゆっくりと趣味の時間を楽しもう。




トイレのリメイクはあと2工程。

今日は窓廻りのリメイク。

トイレの窓。

普通のアルミサッシ。

味気ないサッシを隠せる、扉をつけようと思う。

さっそく用意したのはツーバイ材。
20180208_6.jpg

このように組み合わせて、ボンドで固定。
20180208_14.jpg
門型になっているのは窓の開閉方法がハンドル式だから。
ハンドル部分は出っ張っていて、邪魔なのよね。

ワックスで色付け。
20180208_12.jpg

理想の仕上がりはアンティークっぽく塗料が剥がれてる感じ。
クラック塗料というのを使うといいんだけど。

高いでしょ。
そんなに使うとも思えないし。

で、以前から気になっていたあれを試してみることに。

あれというのは、これです。
20180208_11.jpg
木工ボンド。

木工ボンドでクラック塗料と同じ効果が出せると
いくつかのネット記事で見かけて、
いつか試してみたいと思っていたのだ。

塗り方を色々試してみて、一番よかった方法は。

まずは木工ボンドを塗る。
20180208_9.jpg
塗りにくいので、少し水で薄めてもいいけど
薄めすぎると効果が出にくいので、水はほんの少しだけ。

半乾きくらいになったら、ペンキを塗る。
20180208_8.jpg
こちらもあまり薄塗りすぎると割れにくい。
それと何度も刷毛を往復させないほうが割れやすいみたい。
一気に塗ったほうが良い。

で、そのまましばらく置いておくと。
20180208_7.jpg
割れたー!
いいじゃない。これなら家にある物で出来るし。
気軽に試せるし。

最近、いろんな塗料が出てるでしょ。
クラック塗料とか、アイアン塗料とか、コンクリートに見える塗料とか。

結局中に何かを入れ込んでるんだよね、たぶん。
色々揃えたいけれど、ケチな私は代用品で済ます!

てなことで、こんな感じになりました。
20180215_8.jpg
表面以外は雑な感じに色を塗っておく。

あとは丁番をつけて。
20180215_7.jpg

門型の窓、出来上がり。
20180215_6.jpg

これを窓前に取り付ければ完成だけど
あとひと手間しないといけない。


そのお話は、また次回に(^ー^)

おまけ。
20180215_2.jpg 
annさんのレシピで焼いたチーズケーキ。
すっごくおいしかったし、凹まなかったよー(*^o^*)

チーズケーキはこれで決まりですな。




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。




comment 8 trackback 0
back-to-top