2018
06.30

久々に100均でエアプランツを買ってきた。


今まで何度も枯らしていたけど、去年エアプランツホルダーを作って、
目のつく場所においてからは、水やりも忘れなくなり
いまだ生きておられる。
エアプランツホルダー

とはいえ、土のない状況だし、家の中なので、まったく成長しているとはいえず。
外で育てたらどうなるのか、様子をみてみたいなーと思って買ってきた。

ガーデン収納の壁に掛けて飾りたいので、ちょっとひと手間。

これも100均で見つけた木片。
20180629_1.jpg
粘土の土台にしようかと思って買ってあった。

これにドリルで穴あけ。
20180629_5.jpg
20φで少し溝を掘り、4φで穴を2か所ずつ。

エアプランツにはワイヤーを取り付けて。
20180629_4.jpg
アレンジ用の?細いワイヤー。

端の1本を真ん中の穴に通す。
20180629_3.jpg
アイスランドモスを間に挟んでおく。
これも粘土用に常備してあるもの。
水苔でもいいと思う。

根の回りに何か手がかりがあったほうが成長するんじゃないか
という根拠のない思いつき。

あとはワイヤーを後ろで留めて、位置を整えるだけ。
20180629_2.jpg

じゃん!
こんな感じになった。
20180629_10.jpg
なかなかいい出来。
このまま置いてもいいかも。

同じように3つ作って。
20180629_9.jpg

フェンスにかけたり。
20180629_8.jpg

壁に掛けたり。
20180628_3.jpg

もともと、木などに着生していると考えると
直射日光は当たりすぎないほうがいいのかもしれないな。

根元を安定させたので、水持ちがよくなるから、
水のあげすぎには注意しないとね。

これで大きくなっていったらいいなー。

初の外栽培なので、どうなるか。

とりあえず、今日も強風だし、
風で飛ばされないように、気をつけないとね。



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 4 trackback 0
2018
06.18

今週も雨や曇りで梅雨らしい天候になりそう。

この時期、我が家は花がなくて、花屋さんに行きたいのだけど
今週はちょっと無理なので。

代わりに簡単リメイク鉢でも作ろうかと。
(何の代わり?)

寄せ植えをよく作るので、鉢にも気を使っている。
だって、鉢っていわば、洋服的な役割でしょ。
出来るだけかわいい鉢に植えてあげたほうが、花も引き立つって思うのよね。

でも、オサレな鉢は小さな花屋さんには置いていないし、
たくさんそろえるのはお財布が痛い・・・

で、よく使うのは素焼き鉢。

このままでもナチュラルでいい感じだし、お安くてありがたい。


でも、今回はこれをちょこっとリメイク。



ダイソーで見つけたこれ。
20180618_9.jpg
漆喰ですよ、100円で漆喰。

開けてみると、ペンキのにおいが強いかな。
漆喰少々にアクリル系の合成樹脂が入っているみたい。

でも、お庭で使うなら別に問題ないでしょ。

薄手のゴム手袋も同じく100均で。
20180618_8.jpg
指につけて、豪快に鉢に塗っていく。

綺麗に塗りすぎないのがコツ。
どころどころ厚く塗ったり、塗らなかったり。
20180618_7.jpg

こんな感じになった。
20180618_6.jpg
これでも、いつもと違った雰囲気になっていいんだけど
ちと白すぎる。

新品のスニーカーを履くとき、なんか気恥ずかしい気分になりませんか?
私だけ?

新しすぎると落ち着かないので。
20180618_5.jpg
漆喰が乾いたら、土をこすりつける。

好きなだけ、汚す。
20180618_4.jpg
落ち着いた雰囲気になってきた。

試しに何か植えてみる。
といっても、花が全然なーい!

しょうがないので、リーフのみの寄せ植え。
20180618_2.jpg
ヒューケラと黄金カズラとヘリクリサムライムミニ。
有り合わせにしては、いい出来。

オサレ鉢と並べてみると。
20180618_3.jpg
どうですか。
馴染んでるでしょう?

長く使っているうちに、自然に汚れてくるし、
漆喰が剥げたりしてくるけど
それがかえっていい味だしてくれるので、おすすめ(^ー^)

これなら筆もいらないし、お手軽ですよー。

いつもの鉢に変化を付けたいときに、やってみてね(*^o^*)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。




comment 2 trackback 0
2018
06.16

いよいよ、最後の仕上げ。

壁にくっつけた棚の元、その1に
その2を差し込む。
20180614_8.jpg
引き出しみたいにね。

ピッタリに作ってあるので、このままでも落ちてこないけど。
20180614_9.jpg

サイドの板をネジで固定。
20180614_11.jpg
薄い板に穴を開けてあるので、
ネジを下板までねじ込んで、穴を粘土か、パテで埋めれば
ネジも見えずに、スッキリ。

完成です!
20180614_10.jpg
ただの箱みたいに見えるでしょう。

less is more.

学生時代に好きだった建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉。
(ご興味ある方は画像検索してみてね。模型みたいな家が出てきます!)

あんな風にカッコイイものを作りたかったのだけど
実際に生活すると、そんなことは言っていられないのよねー。

でもまあ、今回はちょっとそんな気分で作ってみました(^ー^)

さっそく物を置いてみる。
20180614_13.jpg
旦那さんの好きな奈良美智コーナー。

まとめて置いておけば文句あるまいd( ̄ー ̄)

右半分を旦那さんの好きな物を飾るギャラリーにして。

左半分は私の好きなものを。
20180614_12.jpg

全体をみるとこんな感じ。
20180614_14.jpg
やっぱり物を置くとゴチャゴチャしちゃう(≧∇≦)

改めて、beforeと比べてみると。
20180507_1.jpg
ごちゃごちゃ感は改善されていないような・・・

それでも。

以前より、気に入ってますよ、この場所。

前より眺めて楽しい場所にはなりました(*^o^*)
それでよしとしよう。
 


ようやくダイニングのリメイクが終わった。

次はあそこか、それともあそこか、
庭にも手を付けたいし。



一体、いつになったら満足するおうちになるんだろう。

ずーっと、DIYし続けることになるんだろうか。




ま、それもまた良し、かな。




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。








comment 4 trackback 0
2018
06.14

前回は体力的に落ちてて愚痴ってしまいましたが、
体調は戻りましたので、ご心配なく(^ー^)

今日は。
久々でどこまで進んだか忘れちゃってるダイニングのリメイクの続き。

棚の元、その1まで作っていたはず。
今日はその2を作る。

まずは、薄い杉板を2枚用意し、ドリルで穴を開けておく。
板のサイズは90×120mm。たぶん。


これに10㎝長さにカットした野地板(1×4材でもOK)を貼りつける。
20180614_2.jpg
野地板は90×100なので、20mmほど薄板がはみ出る。

で、このパーツを古材の薄板に貼りつけ。
20180614_3.jpg
両端にね。

これで棚の元、その2は完成。
20180614_4.jpg
その1とその2。

これを壁に取り付ける。

まずは壁の間柱位置チェエク。
間柱のある位置に印付け。
20180614_5.jpg


棚の元、その1の間柱位置にくる場所にネジを入れておく。
20180614_6.jpg


それを壁に固定。
最初の1本目のネジを留めたら、水平を確認して
残りのネジを留める。
20180614_7.jpg

ここまで来たら、なんとなく完成形が想像できるかな?

これに棚の元、その2を組み合わせたら出来上がり。

すぐ出来るんだけどね。

そのお話は次回にします。
(ネタ切れ気味につき、小出し)




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2018
05.20

運動会のバタバタに加え、息子が高熱でダウンなので、
今日は簡単更新です。



前回の続き。

何が問題かというと。

私の印付けの精度が悪い!

これ、一番の原因。

それから。

1×6材のゆがみ。
20180507_19.jpg
微妙に反ってる。

まあ、家具用の材じゃないからしょうがないけど、
綺麗にピタッと納まらなかった(≧∇≦)

ということで、せっかくビスが見えない仕上げにしたのに
強度に不安が出てきたので、
結局ビスで補強することに。

少しだけドリルで穴を開けて、ビスを深めに留める。
20180507_20.jpg

その穴にダボを入れて固定し、出ている分をカット。
20180507_22.jpg

ペーパーで滑らかにする。
20180507_23.jpg

あとは色を塗り直せば完成。
20180507_24.jpg
うーむ。
せっかく久々に頑張ったのに。

最後の詰めが甘かった・・・

ともあれ、棚は完成。
20180507_17.jpg

あとはこれを壁に取り付けて、おしゃれに飾るだけ。

でも、飾るのは自信ないからなー。

見本みたいなオサレ感は出ないだろうけど、

私なりの飾り方にしてみよう。

あまり、期待しないで見てくださいね。




取り付けたお話はまた次回に(^ー^)





励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 4 trackback 0
back-to-top