2018
06.16

いよいよ、最後の仕上げ。

壁にくっつけた棚の元、その1に
その2を差し込む。
20180614_8.jpg
引き出しみたいにね。

ピッタリに作ってあるので、このままでも落ちてこないけど。
20180614_9.jpg

サイドの板をネジで固定。
20180614_11.jpg
薄い板に穴を開けてあるので、
ネジを下板までねじ込んで、穴を粘土か、パテで埋めれば
ネジも見えずに、スッキリ。

完成です!
20180614_10.jpg
ただの箱みたいに見えるでしょう。

less is more.

学生時代に好きだった建築家、ミース・ファン・デル・ローエの言葉。
(ご興味ある方は画像検索してみてね。模型みたいな家が出てきます!)

あんな風にカッコイイものを作りたかったのだけど
実際に生活すると、そんなことは言っていられないのよねー。

でもまあ、今回はちょっとそんな気分で作ってみました(^ー^)

さっそく物を置いてみる。
20180614_13.jpg
旦那さんの好きな奈良美智コーナー。

まとめて置いておけば文句あるまいd( ̄ー ̄)

右半分を旦那さんの好きな物を飾るギャラリーにして。

左半分は私の好きなものを。
20180614_12.jpg

全体をみるとこんな感じ。
20180614_14.jpg
やっぱり物を置くとゴチャゴチャしちゃう(≧∇≦)

改めて、beforeと比べてみると。
20180507_1.jpg
ごちゃごちゃ感は改善されていないような・・・

それでも。

以前より、気に入ってますよ、この場所。

前より眺めて楽しい場所にはなりました(*^o^*)
それでよしとしよう。
 


ようやくダイニングのリメイクが終わった。

次はあそこか、それともあそこか、
庭にも手を付けたいし。



一体、いつになったら満足するおうちになるんだろう。

ずーっと、DIYし続けることになるんだろうか。




ま、それもまた良し、かな。




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。








comment 4 trackback 0
2018
06.14

前回は体力的に落ちてて愚痴ってしまいましたが、
体調は戻りましたので、ご心配なく(^ー^)

今日は。
久々でどこまで進んだか忘れちゃってるダイニングのリメイクの続き。

棚の元、その1まで作っていたはず。
今日はその2を作る。

まずは、薄い杉板を2枚用意し、ドリルで穴を開けておく。
板のサイズは90×120mm。たぶん。


これに10㎝長さにカットした野地板(1×4材でもOK)を貼りつける。
20180614_2.jpg
野地板は90×100なので、20mmほど薄板がはみ出る。

で、このパーツを古材の薄板に貼りつけ。
20180614_3.jpg
両端にね。

これで棚の元、その2は完成。
20180614_4.jpg
その1とその2。

これを壁に取り付ける。

まずは壁の間柱位置チェエク。
間柱のある位置に印付け。
20180614_5.jpg


棚の元、その1の間柱位置にくる場所にネジを入れておく。
20180614_6.jpg


それを壁に固定。
最初の1本目のネジを留めたら、水平を確認して
残りのネジを留める。
20180614_7.jpg

ここまで来たら、なんとなく完成形が想像できるかな?

これに棚の元、その2を組み合わせたら出来上がり。

すぐ出来るんだけどね。

そのお話は次回にします。
(ネタ切れ気味につき、小出し)




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2018
06.05

ダイニングのリメイク、あとひと工程。
壁の右半分にも棚を付ける。

今回は箱状の棚を付けたいと思っている。
って、言われてもよく分からないと思うけど
まあ、見てやってください。

まず、材料。
1×4材を用意。
900mmを1本、100mmを5つ用意。

端材があったので、野地板も使ってるけど、もちろん全部1×4材でOK。

それから杉の5mm厚薄板。
20180604_3.jpg
上は古材。ケチだから1枚だけ。
下は古材風に塗装したもの。
長さは910mmある。

古材に1×4材を当てて、クランプで固定。
20180604_2.jpg
この時、端から1㎝空けた位置に取り付ける。

それをガイドにして、薄板をカット。
20180604_6.jpg
こうすると、長さも幅も1×4材より1㎝ずつ大きい板になる。

あと2枚の杉板は910×120のサイズ。
20180604_11.jpg

これで、材料はそろった。

次は組み立て。

900mm材の端に10㎝材を二つ置いてみる。
20180604_4.jpg
その内側の材を900mm材に固定。

ネジで留めておく。
20180604_5.jpg
両端と真ん中。

こんな形になる。
20180604_7.jpg

つぎに板を接着。
古材じゃないほうの板をボンドで固定。
20180604_8.jpg
端が5mmずつ出るようにね。

両面貼ったら、こんな感じ。
20180604_9.jpg
これが、棚の元、その1。

残りの材料で、棚の元、その2を作るけど
そのお話は次回にします。



そして、今週は仕事が激混み状態でありましてw( ̄▽ ̄;)w

ブログ出来そうにないので、少しお休みします。
といっても、たぶん1週間くらいですが。

仕事の合間に皆様のブログにはお邪魔できるかもしれませんが、
こっそり覗かせていただきますので、よろしくです(^ー^)



では、しばし潜ります・・・


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。




comment 4 trackback 0
2018
05.26

庭記事におされ、すっかり後回しのDIYですが。

今日は、作った飾り棚を壁に取り付けます。


まずはセリアで買ったL字金物。


棚の下側に取り付け。
20180507_38.jpg

上の方は正面からビス。
20180507_40.jpg
上の方だから見えないだろうという想定で。
先に少しネジを入れておくと取付の時、楽。

あとは壁につけるだけ。
20180507_41.jpg

20180507_42.jpg

はい、できました。
20180507_43.jpg

さっそく飾ってみる。
20180507_45.jpg
まあ、ある物でなんでね・・・

雑誌を飾るとか、やってみたかったの。

引きで見ると。
20180507_44.jpg
割とお気に入り。

左側はこれで完成!

壁の右側にも棚を付けようと思ってるけど
ここで作業が止まってて(≧∇≦)

来週には進められるといいのだけど。

そんなわけで、
まだまだ完成とはいかないダイニング壁リメイク。

ダラダラと続きます・・・




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 6 trackback 0
2018
05.20

運動会のバタバタに加え、息子が高熱でダウンなので、
今日は簡単更新です。



前回の続き。

何が問題かというと。

私の印付けの精度が悪い!

これ、一番の原因。

それから。

1×6材のゆがみ。
20180507_19.jpg
微妙に反ってる。

まあ、家具用の材じゃないからしょうがないけど、
綺麗にピタッと納まらなかった(≧∇≦)

ということで、せっかくビスが見えない仕上げにしたのに
強度に不安が出てきたので、
結局ビスで補強することに。

少しだけドリルで穴を開けて、ビスを深めに留める。
20180507_20.jpg

その穴にダボを入れて固定し、出ている分をカット。
20180507_22.jpg

ペーパーで滑らかにする。
20180507_23.jpg

あとは色を塗り直せば完成。
20180507_24.jpg
うーむ。
せっかく久々に頑張ったのに。

最後の詰めが甘かった・・・

ともあれ、棚は完成。
20180507_17.jpg

あとはこれを壁に取り付けて、おしゃれに飾るだけ。

でも、飾るのは自信ないからなー。

見本みたいなオサレ感は出ないだろうけど、

私なりの飾り方にしてみよう。

あまり、期待しないで見てくださいね。




取り付けたお話はまた次回に(^ー^)





励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 4 trackback 0
back-to-top