2017
07.18

いくつかの失敗を乗り越えて。

ついに完成の時がやってまいりました。

珪砂が家中に入り込んで、毎日水拭きのここ数日。

代わりの砂として、選ばれたのはこちらの方々。
20170713_26.jpg
右は普通の園芸用川砂。
左は同じく園芸用のゼオライト。

粒子の大きい砂だったら家の中までは入りこまないでしょう。

20170713_28.jpg
全体にまき散らして水で締めてみたところ。
まだ砂が馴染んでいないけど、なかなかいい感じ。

目地に土とか入り込んで、そこからセダムなんかが
出てきたら最高って思ってるんだけど。
今の時点ですでに古びた雰囲気が出ている。



今回2㎡分買って、それで間に合うはずだったけどちと足りず。
20170713_27.jpg
残念なすき間。
将来的にウッドパネルのところもタイルを貼るかもしれないので
端は割れたタイルをそのまま置いておくことにした。

さらに割れたかけらは。
20170713_29.jpg

細かく砕いて、砂代わりに。
20170713_30.jpg
ブリックタイル、余すことなく使い切りました!!

改めて、before
20170713_3.jpg

after
20170713_31.jpg
どうですか。
いいでしょう?(自画自賛)

やっぱりいいね、レンガ。
実際にはブリックタイルだけど。

しっかり固定してしまってからは、割れてくる気配はなし。
今のところ。
重い物を乗せたりしなければ、大丈夫かな。

玄関前のほんの小さなスペースだけど、
お気に入りの場所になりました(*^o^*)

寄せ植えの写真も素敵に撮れそう。
試しにこんな感じで。
20170713_32.jpg
やっぱり背景大事!



今回は無謀な試みだったけれど
なんとか使用できるようになって、一安心。
おすすめはしませんが、やってみる方は自己責任でお願いします。

さて。
賞金はまだ半分以上残っている。
次は何に使おうかな。

床が素敵になったから
続けてお庭のリメイクをするか。
暑いから、家の中にするか。

またじっくり考えよう(*^o^*)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



comment 12 trackback 0
2017
07.16

簡単に終わらせようと思っていたのに、甘かった。

今日はまたモルタル作りから。

砂はもう少し粗い物のほうがいいだろうけど
ここも珪砂消費。

大量にモルタルをこねるので
20170713_19.jpg
久々に装着。

これでグルグル混ぜていくのだけど。
これもなかなかの力仕事。
珪砂が細かいので水を吸って固まってしまい
うまく混ざらない。

20170713_21.jpg
それでも手で混ぜるよりはいい。

あとはモルタルを敷いて、タイルを貼るの繰り返し。
20170713_22.jpg
暑かったこともあり、すぐ乾いてしまいそうだったので
途中の写真はなし。

ぎゅっと押し付けるように貼って、こんな感じに。

モルタルが乾いたら仕上げの目地埋め。
厚めにモルタルを敷いていたので、目地がそんなに深くないのだけど。

ここに珪砂を置いて。
20170713_23.jpg

薄く広げる。
ほうきで溝に砂を掃き入れる。
これで小さなすき間も埋める作戦。
20170713_24.jpg

ある程度広げたら
上から水を優しく掛けて、表面の砂を洗い流す。
20170713_25.jpg
これでさらに砂が全体にしみこんで
安定するはず。

だったけど。

このところ毎日、すごく風が強く、
粒子の細かい珪砂がそこら中にまき散らされ、
家の中にまで侵入。

旦那さんから軽く苦情が入り・・・




とりあえず庭のあちこちに広がっている珪砂を回収。



なかなか思った通りにはいかないのが私のDIY。

目地に入れる物はまた考えよう。


ってことで、今日はここまで。

次回で完成の予定です!

お楽しみに(^ー^)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 8 trackback 0
2017
07.14

九州では大雨で大変な被害が出ておりますが、
keko地方はカラッカラのお天気が続いてる。
それと強風。
梅雨がどこかに行ってしまいました。

でも、まだ夏本番のむわーっとした熱気は来ていない。

ほんとに変な天候だよね、近頃。
このまま梅雨明けしてしまうのかなー。




端のレンガが固定されたので、今日はいよいよブリックタイル敷き。

まずはレンガを敷く部分に珪砂を敷く。
なんとなく広げて。


20170713_13.jpg
板で、全体を均す。
砂は1センチくらいの厚さに敷き詰めた。

20170713_14.jpg
こんな感じに綺麗に敷いたら、いよいよタイル。

20170713_15.jpg
左右にぎゅぎゅっと押し込みながら
地面とブリックタイルのすき間が出来ないように置いていく。

綺麗に貼るにはガイドになるラインを引いたほうがよい。
でも、いびつに仕上がっても雰囲気が出ていいかなーと
そのまま目分量で置いていく。

20170713_16.jpg
置くだけなので、あっという間にここまで出来た。
この時点で、いい感じ~(^ー^)

このあと次の珪砂を撒こうとしたら、
湿っていてうまく広げられなかったので
一時中断。

その間に子供たちがこの上を自由に往来。

その結果。
20170713_18.jpg
割れまくりー!!

ここで、ようやく気が付く。

砂を入れることですき間は一時的にふさがる。
でも、ブリックタイルは細長い形。

端に乗ると、もう片方の端が浮き上がる。

新たなすき間が出来る。

割れる・・・

っていう事象が起こっていた模様。

あー、このままにしていたら、すぐにボロボロになってしまう(;´Д`)

というわけで、速攻で撤去。
20170713_17.jpg
砂を敷いた上に置くだけで、簡単施工!って思ってたのに。

やっぱりモルタルでしっかり固定したほうがいいみたい。



また最初からやり直し。

試行錯誤だね、文字通り。

ということで、次回はまたモルタルをこねるところから
再スタートです!

まだ続きます・・・・




励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。


comment 6 trackback 0
2017
07.13

そろそろ暑くなってきたので、お庭仕事は一休み。

DIYを暑さで溶けない程度に進めていこう。

SNSとかLINEとかよくわかってない私だけど、
DIYの投稿サイトにはちょっと参加してる。

先日セルフリフォーム.comのコンテストで、
3、5、6位に入賞!

このコンテスト、何がいいって、賞金がでるのだー!

で、DIYでもらった賞金はDIYで使うことに決めてるので。

これ、買いました。

ブリックタイル。

これをどこに使うかというと。

玄関前の床。

はいはい、わかってます。
ブリックタイルは壁使用で、床はだめだってことは。

でも、なぜこれを選んだか。

まずは。
春先くらいに再利用したウッドパネルをガーデンに敷いた。
ウッドパネルの再利用
床を変えると雰囲気が変わるのは家の中も外も一緒。
こんなに変わるなら、憧れのレンガ敷きなんかしてみたいなー。

でも、車置くスペースには貼らないし、段差が出来すぎたら不便。
薄くて、お手頃で、雰囲気のいいもの・・・・

って、探してたらたどり着いた。

セラブリックというブリックタイル。
クラシックブラウンとマンハッタンを1㎡ずつ購入。

ブリックタイルは厚さが10~15mm程度しかなく、
凸凹してる上にもろい。
だから床に張るとすぐ割れてしまう。

20170713_2.jpg
試しにコンクリート面に置いて踏んでみると
「ぱり」と小さな音を立てて、簡単に割れちゃう。

だから、床使用を推奨されていない訳。

でも、私には密かな勝算があったのだ。
この時点では。

凸凹してるから地面との間にすき間ができ、
そのすき間のせいで割れるのだろうと。
だから、すき間が出来ないように施工すれば
割れないのではないか、と。

ということで、やる気満々で作業開始。

20170713_3.jpg
こちらが今回貼る部分。
玄関から出てすぐ、ウッドパネル敷きの横の部分。

すき間を埋めるために何を使うかと言えば。
20170713_4.jpg
大量に残っている珪砂。
もともとレンガ敷きの目地埋めなどに使うものだし、
これを消費したかったのも、レンガを敷きたい理由のひとつ。

厚めに敷いた砂の上に押し込むようにして
ブリックタイルを設置。
20170713_5.jpg
ためにし乗ってみると割れる気配はなし。

うん、いけそう。

では、この方式で敷いてみよう。

レンガを貼るのは溝で区切られた手前の部分だけ。
溝の端はレンガを固定して、ずれ防止しておきたい。
20170713_6.jpg

そこで残り物のセメントに砂を混ぜて、モルタルつくり。
20170713_7.jpg
助手の娘登場。
手でよく混ぜて。

20170713_8.jpg
水を加えて、こねこね。

それを端に塗って。
20170713_9.jpg

ブリックタイルを押し付けて接着。
20170713_10.jpg

1列だけ貼って、準備完了。
20170713_11.jpg

あとは残りの部分にタイルを貼っていけばいいのだけど。

このあと失敗してやり直しになるので
簡単に終わるはずが少し時間がかかってしまった。

でも、最終的には何とかなるので
もし、万が一マネしようとか思う方がいたら
最後まで見てから考えてくださいね。


ということで、次回に続く・・・・


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。






comment 8 trackback 0
back-to-top