FC2ブログ
2019
05.12

ようやく今日からDIYネタ始めますよー!

かなりの長丁場になるので、間にお庭ネタをはさみつつ
のんびり書いていこうと思ってます。

DIYに興味のないかたはさらっと読んでいただけたら。

なにせ、まだ途中で。
同時に3部屋+αを進めているのでもうめちゃくちゃw( ̄▽ ̄;)w

本当は部屋ごとにまとめて記事にしたいと思ってたけど、
とても無理!

ってことで、あとで改めて部屋ごとのまとめをやろうと思います。

基本的にはあるものは活用しつつ、変えたいところは大胆に変える!
というスタンスで。
子供部屋は適度に経済的に、仕事部屋は私の好みの空間をつくるべく、
多少の出費は覚悟して。


前書き長い!



えー、まず最初に手を付けたのは。
和室。
20190426_3.jpg
2階のリビングの隣にあって、子供たちの寝室となっている場所。
学校の道具などもう手が付けられないような有様。

ここを私の仕事場兼書斎にしていく予定。

畳がかなり傷んでいて、仕事部屋にするには机も置くし。
ということで、畳を外して板張りにすることにした。

畳は30mm厚のスタイロ畳だった。
本畳に比べて厚さが薄いし、軽い。
これを一気に処分!

粗大ごみで1枚1,000円なり。
いきなりの出費だけど、今回はそんなこと言ってられない。

畳を外すとこんな感じ。
br_11.jpg
下地の合板が張ってある。

この上に板を貼る。

板はいろいろ考えて、これにした。
br_13.jpg
ウッドプロさんの足場板。

でも、ユーズドじゃなくて、古材風に加工されたもの。
br_12.jpg
上から塗装して古い感じを出している。厚さ15mm
同じ製品でも色がまちまち。
これも味だね。

床に敷くのであまりごつごつしすぎてもよくないかなと。

畳が30mmなのに、15mmの板?と思ったでしょ。
15mm分捨て合板を敷けばいいわけですが、
それも面倒だし。

30mmにしなかったのは作業性を重視したから。
なにせ、我が家の万能機器、ブラックデッカー。
br_10.jpg
ヘッドを変えるだけで色々使えて便利なんだけど。
唯一不満なのが丸鋸の刃の出幅調整ができないこと。

18mmの厚さまでしか切れない。

なので30mmだと手ノコになってしまって、途方にくれそうだったので、
15mmにすることに。

15mmほどリビングと段差ができるけど、
もともと扉に床見切りの框が入っているし、
年寄りが使うわけでもないからいいかなと判断。

合板上にこの板を貼っていくことに決定。

貼るのはおなじみのボンド。
br_14.jpg

フィニッシュネイルなどの専用工具はもちろんないので。
ボンドのあとにこちら。
br_06.jpg
仮釘で押さえる。

まずは裏側にボンドを塗って。
br_07.jpg

順番に貼っていく。
br_09.jpg
荷物をどかしながらの作業、結構つらい。


そのあと仮釘を打っていく。
br_05.jpg
杉板なので柔らかくて、打ちすぎると後がついちゃう。

ボンドが乾いたら仮釘を外す。
br_04.jpg
ここで子供たちが寝るので、夜になる前にここまで進めないといけない。

そんなこんなでこの作業を2、3日繰り返し。
br_03.jpg
なんとか張り終わりました!


最後にオイルを塗る。
br_15.jpg
色がつかないタイプ。

全体に薄く塗って。
br_02.jpg
塗ったばかりは少し色が濃くなってるけど
しばらくすると元の色になる。

これで仕事部屋の床は完了!

ふう。

これだけでもう疲れちゃうよ。

でも、まだ始まったばかり。

これからどんどんお部屋を変えていきますよー!
お楽しみに(*^o^*)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。

関連記事

comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://giugiu.blog104.fc2.com/tb.php/1064-8583d924
トラックバック
コメント
すごいーーーーすごいーーーーさすが~~もうプロですよね
いろいろな材料とか専門用語みたいのがいっぱい出てきて、もうこの記事だけで、へええ~~~~!!!!です

住みながらの改築って大変ですよね
プロに頼んでも結構大変だったのに、それを自分で、ですからね

アタシ、想像しただけで頭の中ぐちゃぐちゃになってます
ものをどかしながら床板を張って・・・お部屋の引っ越しもしなくちゃだもんね
計画的にやらないと、今夜どこで寝るのよ!?ってなるわけですよね

いや~~見てるだけは楽でいいなあ~~
ほんとは手下に使ってもらいたいくらいですけどね、よく働きますよーアタシー
お隣だったらよかったのに(←迷惑よ)
ann | 2019.05.13 06:50 | 編集
素敵!! ご自分でするという決意が何と言っても素晴らしいと思います^^ そして。美しい仕上がりに🎶 肉体労働なので、
体、作業の後は労わって下さいませね^^
mimiha | 2019.05.13 08:43 | 編集
リフォーム状況を想像するだけでも大変さが
同じDIYerとして簡単に想像できますよ!

そちらでは畳は業者が回収に来てくれるんですか?
処分料が痛いが、でも仕方ないですね

フローリング材を張るように想像していたが・・
足場板をボンド張りで!とは想定外でした
針葉樹合板をもう一枚捨て張りすると15mmの段差は
ほぼなくなるとは思えるが・・
でも、段差が気になり始める年齢になった時に
今回張った足場板の上にもう一度床材を張れるメッリトが
あると考えるようにすれば、
かえって良いのかも!と思ってしまった自分です(笑)

>唯一不満なのが丸鋸の刃の出幅調整ができないこと。
>18mmの厚さまでしか切れない
チョットびっくりしてしまいました
調整できないのは痛いですねー

ボンド張りした後に仮釘は大変だったでしょう
もし、時間的に余裕があるとすれば
仮釘を使わずに砂袋などで重しで一晩ぐらい
押さえておくだけで十分だと思えるし
楽だとは思えるけど・・

>これだけでもう疲れちゃうよ。
作業状況が想像できるので、
疲れ度合もあるていどは想像できますよ
リフォーム後の状態を想像しながらガンバって下さい!
自分も(気持ちだけになるが)応援していますよ!
チョコミント | 2019.05.14 07:35 | 編集
annさんへ

ようやく重い腰をあげました。
毎日の寝場所を確保しながらの作業なので、途中のまま置いておけないというのが一番つらいです。
毎回撤収して、次の日同じ道具を準備するというのが大変!
でも、床から順に変えていけば今後はどんどんやりやすくなるとは思います。

ほんと、ご近所だったらお手伝いお願いしたいですー(*^o^*)
うちの旦那さんより頼りになりそう。
keko | 2019.05.14 08:59 | 編集
mimiha さんへ

DIYは趣味でもありますが、経済的なところも大きいです。
それに一気に変えるといっても何日かかかるから、業者さんが入ってやるより自分でやったほうが落ち着いてできるかと。
変なこだわりがあるので、説明できないし (≧∇≦)
作業の後はゆっくり休むようにしてますよ。
といってもじーっとしていられない性格なので、ボチボチ動きながら頑張ります!
keko | 2019.05.14 09:02 | 編集
チョコミントさんへ

畳は粗大ごみとして出すのですが、先払いで買ったシールをはって、回収日に家の前に置いておくと持っていってくれます。
お金はかかりますが、これが一番楽です。

捨て貼りは悩んだのですが、15mmの合板という時点でかなりの重さだし、運ぶのも大変だなと思って断念しました。
本当は30mmの中古の足場板を敷くだけというカフェみたいな感じの仕上げにしたかったのですが、家族の手前、譲歩して古材風となりました。前に主寝室に薄い杉板を貼ったときは重しで押さえていたのですが、重しがそんなにないのですごく時間がかかるんです。なにせ毎日ここで寝ているので、できる限り短期間に貼るということで、この方法になりました。

今はかなり落ち着いてきていい感じです。
やはり複合フローリングとは違い無垢の木も暖かさがあって気に入ってます(^ー^)
keko | 2019.05.14 09:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top