2017
06.16

タイル貼りが終わったので、すき間収納の本体部分を作っていく。

材料はこちら。
針葉樹の構造用合板。
4☆で特類ながら、HCで売ってた合板の中で一番お安かったから。

ラーチ合板(針葉樹の合板のことね)張りで、白のふき取り塗装の壁に
憧れてたんだよねー、昔。

そんな合板がお安く売ってるんだねー。

HCでカットしてもらったもの。
それと余り物の2×4材。

今回はすき間収納と言っても、よくある引き出すタイプではなく
あくまですき間を埋めるだけなので。

見えないところは極力簡単に作っていくことに。

20170614_2.jpg
底板を取り付けて。

20170614_3.jpg
あれやこれや取り付けて。

横からみたところ。
20170614_4.jpg
スッカスカ(≧∇≦)

扉の板は端材のラワン合板。
ほんとは扉のとこにラーチ合板を使いたかった。
20170614_5.jpg
端材活用しなくちゃいけないし、しょうがない。
ここは妥協しよう(;´Д`)

丁番を取り付けて。
20170614_7.jpg
ラッチもつけておいた。

それから木口部分に木口テープ貼り。
20170614_6.jpg
この辺はいつもの工程なので、さらっとね。

正面からみたところ。
20170614_8.jpg

横からみたところ。
20170614_9.jpg
これで形は出来上がり。

それから、タイル貼りした天板の裏に、板を取り付けて。
20170614_10.jpg

本体の上にすぽっとはめる。
20170614_11.jpg
将来的に解体するかもしれないので、
タイル部分は乗せるだけにしてみた。

はい。
これで形の全貌がようやく見えてきましたね。

あとはニスを塗ったら出来上がり。

でも、その様子はまた次回に。

もう1回、続きます・・・・



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



関連記事

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://giugiu.blog104.fc2.com/tb.php/760-4d398b13
トラックバック
コメント
木口処理はどうされるんだろう?
と思っていたが、木口テープを貼られたのですね。
木口で随分とイメージが変わるので
ここは押さえておきたいところですからね。
組み立てる時に、
スリムコーススレッドを使用されているようですが、
合板に割れが入らないように下穴を空けてからコーススレッド
でネジ締めされているのでしょうか?
それとも、下穴なしでも大丈夫だったですか?
チョコミント | 2017.06.17 22:01 | 編集
チョコミントさんへ

細かいところまで見ていただいて、恐縮です(^o^)
下穴開けは2×4材にだけはしてますが、合板にはしてません。
割れたりはしてませんが、本当は下穴開けた方がいいですよね。
段々手抜きになってしまってます(≧∀≦)
keko | 2017.06.18 20:30 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top