2017
08.07

シルバーリーフとかチョコリーフとか、変わった色の葉が好き。

同じ品種でもつい手に取ってしまうのは斑入り

でも、斑入りって、育てているうちにこうなりません?

斑入りじゃない葉がでてきちゃう。

先端行くにつれて緑になっていくヘデラ。
20170801_10.jpg
これはたぶん、暑さのせいかな。

タイムもこの通り。
20170801_11.jpg

これって、やっぱり品種改良で作られているからなんだろう。
段々もとの姿に戻ってしまうってことかな。

ちょっと調べてみたら、
①日光不足
②肥料不足
③根詰まり
などが原因として考えられるらしい。

つまり、植物のパワーが弱っていると、本来の葉がでてきてしまうってこと。
普段着飾っていても、弱っている時には見栄えなんか気にしていられないものね。

さらに、一度戻ってしまった緑葉はもう斑入りには戻らないということ。
植物も無理は長続きしないってことね。

でもまあ、上記3点に気をつけて、大事に育てれば、
斑を長持ちさせることが出来そう。

とりあえずの応急処置としては。

「緑葉の部分はカットする。」

これはハンギングの先生から教えてもらった。

緑葉の枝からは緑葉しか出てこない。
なので、斑入りのところだけ伸ばすようにする。

これ、実践してるけど、じつは結構難しい。
緑葉のほうが成長が早い気がするんだもの。

本来の力を発揮して、どんどん緑に戻ろうとしているんだな、たぶん。

20170801_13.jpg
それでも、負けじと緑葉をカットしてみる。

この攻防を繰り返し、最終的にどちらが勝つか。

斑入り葉と緑葉の戦いはまだまだ続く・・・・・



励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



関連記事

comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://giugiu.blog104.fc2.com/tb.php/789-0766be09
トラックバック
コメント
先祖返りってヤツですね。
私も斑入り葉大好きですけど、よくこうなります。
へデラはしょっちゅう緑に変化した葉を切っています。
日光不足や肥料不足が関係していることは知らなかったです。
なるほど弱ると着飾っている余裕がない訳なんですね。
これから気をつけようと思います。
mamirin | 2017.08.08 03:10 | 編集
なるなる~
アタシの弁慶草は斑入りだから買ったのに全部緑になってしまったよ
パイナップルミントはアップルミント?になっちゃうし
おっしゃるように緑の葉のほうが生育が強いですね
寄せ植えやハンギングだと斑入り葉は重要だよね~
あら?そうなの?弱ったときに緑の葉に戻っちゃうの?てことはうちの斑入り葉はみんな弱り気味ってことですね
仕方ないわ暑いもん
ann | 2017.08.08 06:03 | 編集
そういうことなんですね~!!!
たしかに斑入り…
途中で変化することありましたっ(;^ω^)

でもでも~
kekoさんとこのはっぱくんたちっ
みんなこんな天気でも元気そうですね~!(^^)!
愛情のかけ方がいいのかなぁ~♪
うちのはやっぱ暑いですぅ~って言ってる感じですぅ~
( ;∀;)
♪YOU♪ | 2017.08.08 08:18 | 編集
mamirinさんへ

斑入り葉の宿命ですね。
私もよく切り戻してますが、うまく再生してくれないこともありますよね。
今の時期は暑さで弱っているので、特に緑になってしまうのかもしれません。
肥料不足は私も調べてみるまで知りませんでした。
涼しくなったら、肥料をあげて、パワーを戻してあげようと思ってます。
keko | 2017.08.08 16:04 | 編集
annさんへ

やはり元の緑葉の勢力が強いですね。
せっかく斑入り葉なのに、残念な気分になります。
暑い時期は仕方ないのかもしれませんが、斑入り品種として買ったからには、長く斑入りでいてほしいものです。
keko | 2017.08.08 17:18 | 編集
♪YOU♪さんへ

うちの葉っぱも夏バテしてますよ。
花は一休みで緑一色って感じです。
花がない時期のための斑入り葉だったのに、それまでなくなってしまうと何のポイントもない庭なっちゃいます(≧∀≦)
keko | 2017.08.08 17:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top