2017
08.08

帰省しております、kekoです。

昨日は毎年子供達が楽しみにしている花火大会へ。
15021509830.jpeg



花火の下に流れているのは。
15021510070.jpeg
ねぶた。

ここで、我が田舎の真夏のイベント、ねぶたの情報を少し。
ねぶた祭りは毎年8月2日から7日まで開催されるお祭り。
6日までは夜、20台くらい?(雑な情報でごめんなさい)
のねぶたが、ハネトと呼ばれる踊り手と一緒に街を回る。

最終日の7日は昼ねぶたの後、夜は花火大会。
この時、その年の各賞を取ったねぶたが船で海上運行してくる。
という趣向。

ねぶたと花火、一度に見られるお得感あり!

機会があったらぜひ、
見てみてください!
その際、上下長袖で来ることをお勧めしておきます。
夜は結構涼しいので。

ノスタルジックな気分の母はねぶたに釘付けでも、
子供たちは、花火の方が好き。
15021509570.jpeg

都会と違って混みすぎないのも、いいところ。
流れてくるお囃子と周りの方言に
帰ってきたなーと思った夏の一日でした(^ ^)


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



関連記事

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://giugiu.blog104.fc2.com/tb.php/795-60b5a4cf
トラックバック
コメント
帰省は青森の方なのですね。(いつか行ってみたいです)
花火大会を子供さんがめちゃ喜ばれたでしょうね!
(うちの近くにも青森県出身の美人の方が
いらっしゃいますが、青森県には色白の美人さんが
多いように思えますけど)

自分は「ねぶた」だと思い続けていたのだが、
青森県出身の三味線をする方が、
「ねぶた」は間違いで「ねぷた」が正しいと
強固に言われるので、
自分はその呼び方を半信半疑に思えるのですが、
青森県人は「ねぷた」と呼ぶのが一般的なのでしょうか?
チョコミント | 2017.08.09 06:58 | 編集
チョコミントさんへ

日差しがきつくないので、色白の人が多いかもしれません。
私は真っ黒ですけど(≧∇≦)

ねぶたは地域によって呼び方が違うのです。
青森市では、立体的な形を組み上げた形状で、ねぶた。
弘前市は扇型の山車にねぶた絵が描かれていて、これはねぷたと言います。
他に五所川原市の高さのある山車で立佞武多(たちねぷた)というのもあります。
それぞれ地元が一番という気持ちがあるため、呼び方にもこだわりがあるのだと思います。
多分その方は弘前出身なのでしょう。
一番勇壮で見応えがあるのは、やはりねぶただと私はおもってますよ、もちろん(^o^)
keko | 2017.08.09 09:23 | 編集
こんばんは~~♪

青森いいな~~♪行きたい~~(≧∇≦)

きれいな花火といっしょにねぶたも楽しめるのね~♪
ホントいいなぁ~。
しかも涼しいなんて最高だね♪

ほんと行きたいな。。。(*^▽^*)
burubon。 | 2017.08.09 20:24 | 編集
burubon。ちゃんへ

今年は特に涼しくて、寒いくらい。
burubon。ちゃんのお家からだとだいぶ遠いけど、機会があったら是非来てみてね(^o^)

keko | 2017.08.10 17:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top