2018
06.05

ダイニングのリメイク、あとひと工程。
壁の右半分にも棚を付ける。

今回は箱状の棚を付けたいと思っている。
って、言われてもよく分からないと思うけど
まあ、見てやってください。

まず、材料。
1×4材を用意。
900mmを1本、100mmを5つ用意。

端材があったので、野地板も使ってるけど、もちろん全部1×4材でOK。

それから杉の5mm厚薄板。
20180604_3.jpg
上は古材。ケチだから1枚だけ。
下は古材風に塗装したもの。
長さは910mmある。

古材に1×4材を当てて、クランプで固定。
20180604_2.jpg
この時、端から1㎝空けた位置に取り付ける。

それをガイドにして、薄板をカット。
20180604_6.jpg
こうすると、長さも幅も1×4材より1㎝ずつ大きい板になる。

あと2枚の杉板は910×120のサイズ。
20180604_11.jpg

これで、材料はそろった。

次は組み立て。

900mm材の端に10㎝材を二つ置いてみる。
20180604_4.jpg
その内側の材を900mm材に固定。

ネジで留めておく。
20180604_5.jpg
両端と真ん中。

こんな形になる。
20180604_7.jpg

つぎに板を接着。
古材じゃないほうの板をボンドで固定。
20180604_8.jpg
端が5mmずつ出るようにね。

両面貼ったら、こんな感じ。
20180604_9.jpg
これが、棚の元、その1。

残りの材料で、棚の元、その2を作るけど
そのお話は次回にします。



そして、今週は仕事が激混み状態でありましてw( ̄▽ ̄;)w

ブログ出来そうにないので、少しお休みします。
といっても、たぶん1週間くらいですが。

仕事の合間に皆様のブログにはお邪魔できるかもしれませんが、
こっそり覗かせていただきますので、よろしくです(^ー^)



では、しばし潜ります・・・


励みになります!ぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

こちらもぽち、お願いします。



関連記事

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://giugiu.blog104.fc2.com/tb.php/949-4e3d6dc7
トラックバック
コメント
端材をよく活用されているのに
いつも感心させられているが、
今回も何が出来るのか興味津々ですよー

(捨てるのが勿体なくて端材のストックが
メチャ増えているが、
「そのうち何かに利用するかも・・」
と思いつつもストックは増えるばかりで
自分が情けない(笑)(^_^.))

チョコミント | 2018.06.06 07:15 | 編集
へえ~~へえ~~どーなるんやろ?わっくわっく
お仕事忙しいのでしたらお返事は不要ですからね
古材はケチだから一枚だけってことは古材のほうが材料費高いってことですね?
こんな薄い板なのに古いのに高いのかあ~~
うちら田舎だからその辺に誰も住んでない朽ちかけた古い家なんぼでもあるんで、ちょっと意外~~
実家の古い土蔵なんて丸ごと売れそうやわ(笑)販路を持ってれば
ann | 2018.06.07 07:29 | 編集
チョコミントさんへ

私もストックがすごくたくさんあって、捨てるに捨てられずって状態です。
とはいえ、置く場所もないのでなるべく使えそうな端材から先に消費するようにしてます(^ー^)
こういうところは、主婦的感覚かな?
keko | 2018.06.07 16:21 | 編集
annさんへ

仕事のほうは何となく先が見えてきましたよー。
あともう一息で、今、休憩中。

古材は高いんです。
ほんとは古材で全部作りたいですが、予算オーバーで。
古いもの、今は高く売れますよー!
メルカリで売ったらいいかもしれませんよ。

私も祖母の家を解体したとき、古材やら小道具やら、たくさんあったのを捨てたと、あとで聞いて、もったいないなと思ったことあります。
今までゴミだったものが、重宝される時代です。
不思議ですよね (*^o^*)
keko | 2018.06.07 16:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top